FC2ブログ

ちいさな人と

沖縄で「遊ぶ」「食べる」「買う」。2人の息子と過ごす沖縄12ヶ月を気のむくままに。沖縄の観光サイトや情報誌でライターをしています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

名前のない料理店 


140924(1


ひと皿目から、うなってしまった。

その料理は、単においしいというものではなく
料理人の生きざまがあらわれたものだった。

二皿目、三皿目、どれも感動に満ちた料理だったけれど
食べすすめるごと、その場にいた誰もが沈黙に包まれていった。

それぞれがシェフの魂を味わい、
自分の人生や世界観と重ね合わせていたのだと思う。

これほどまで心を揺さぶられる料理には、なかなか出合えない。


♯名前のない料理店




trackback: -- | comment: 0 | edit

コメント

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。