FC2ブログ

ちいさな人と

沖縄で「遊ぶ」「食べる」「買う」。2人の息子と過ごす沖縄12ヶ月を気のむくままに。沖縄の観光サイトや情報誌でライターをしています

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

こどもの看病で自分を癒す 

160215.jpg


土曜日の午後から

ほんのり熱が出て昨日今日と

食欲もなく、ぐったり気味の長男。



今日は学校を休み、母とふたりっきり。

ぽっぽっとほてる体をさすりながら

静かな時間を過ごしていました。



眠ると彼のそばを離れて仕事をカタカタ。

すると、ときおり寝室から

「マーマー」 という声。

そばに寄っては

足をもんだり水を運んだり

ぎゅぎゅっとしたり。



しばらくすると

また安心したかのように

すうっと寝息をたてて眠りにつく。

そんなことを繰り返しながら

ふと思い出したのは

わたしのこどもの頃でした。



朝から晩まで仕事が忙しかった母と

なかなかふれあう時間がなかったあの頃。

へんとう腺がはれやすかったわたしは

風邪をひくと学校を1週間も休む子で

よく病院通いをしていました。



ふだん、一緒にいられない母が

病院のときばかりはそばにいてくれて

注射も痛いし、いやだったけれど

ちょっぴり嬉しくて。



でも、診察が終わると

やっぱり仕事にもどる背中を見るのが

悲しくてさびしかくて

嬉しさと切なさがこみあげたものでした。



そんな思いを胸に抱えたまま母になり

具合の悪い息子が母を呼ぶ、かぼそい声に

すぐに反応できる自分が嬉しいなって気づいた今日。



あぁわたし、こんな風にしてもらいたかったんだなって

息子を胸のまんなかに置きながら

まるで小さな自分を抱きしめるような

感覚をあじわっていました。



そうかそうか、そうだったんだね。

さびしかったけれど

お姉ちゃんだから言えなくて

言ってもかなわないと知ってたから

ぐっとこらえていて。



よしよし、小さな小さなわたし。

彼に幼い自分を投影して

わたしがわたしを抱きしめているような

不思議な感覚。



こどもを通して自分を癒す。

これってインナーチャイルドっていうものかな?

ふとそう思ったり。



ほてった体で苦しみながらも

母の心を癒してくれた

長男に感謝です。



こどもってすごいな。

ありがとう。



にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
きょうも、よい1日を


trackback: -- | comment: 2 | edit

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2016/02/16 16:54 * edit *

◆Yぽん
コメント、ありがとう。
 
ふとした瞬間に、子どもを通して
いろんなことに気づかされるね。
育てながら癒されてる。

存在そのものが宝物です♡
 
今年はちょっと新しいこともやってみるよ。
もうひとつのブログも
おひまなときにでものぞいてみてね。

がんがん自己開示していくので♪

aco #wvEHRiOY | URL | 2016/02/16 21:35 * edit *

コメントの投稿

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。